2019年春 新しいひいながはじまります。


2018年9月 現地にて起工式も執り行われ、建設がスタートしました。

 2019年春、河北町「ひいな里」に新規施設「小規模多機能型居宅介護事業所 “小多機hina"(仮称)」が開設されます。

 これを機に、当法人では様々な取組みを行って参ります。当サイトにて、最新情報を発信しますので、ご期待の上、ご覧頂けると幸いです。

イベントニュース 

 

2018年10月29日 福祉のしごと職場見学ツアー

 山形県福祉人材センターが主催する施設見学会が開催されました。ひいなの里地域交流ホームには10名を超える参加者が集まり、新しい職場として、新しい仲間として、現場スタッフと様々な意見交換が行われました。本採用に前向きな参加者も見受けられ、有意義な就活イベントとなりました。

⇒イベントニュース

ゆったりとしたサービスをささえる高機能ツールがみえてきました。

 利用者の安全確保を実現する「睡眠見守りセンサー」や、大事な情報を即座に把握したり、利用者さんやスタッフ同士のコミュニケーションを円滑にする「無線ケアコールシステム」など、新しい施設でさらに進化した介護サービスを提供するための各種ツール(設備)が見えてきました。

*引用元:ジーコム株式会社「無線ケアコールシステム」

 

 

2018年11月13日 福祉のしごと就職フェアに参加しました。

 介護福祉に特化した就職イベントとしては山形県内で最大規模。来場者は300人を超え、出展企業・参加事業所数は、80社におよびました。

 当法人の面談ブースにもたくさんの求職希望者の方にお集まり頂き、心より感謝申し上げます。

 皆様との対話を通して、職場の働きやすさや介護のやりがいなどが共感できたように感じています。施設見学などにも柔軟に対応致します。お気軽にお問合せください。

イベントニュース

採用情報

法人本部事務局 

023-674-3388


先輩スタッフからのメッセージ

認知症型デイサービスセンターひいな

生活相談員兼介護副主任 永山貴次さん

プロフィール

 私が中学生の頃に祖父母が認知症を患い在宅で介護をする様子を見て、福祉の仕事に興味を持つ。大学卒業と同時に地元である河北町に新しい施設ができることを知り、迷わずひいなの里に入職。仕事についてからスキルアップの為、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員の資格を取得する。また、学習療法マスター、ラフターヨガリーダー(笑いヨガ)の資格も取得し日々の認知症ケアに活かしている。

働くうえで、大事にしていること

 「好きを仕事に」をモットーに仕事と向き合っています。仕事を好きになるのはなかなか難しいが、好きなこと得意なことを仕事に取り入れることで、視野が広がり福祉の枠を超えた視点で物事を捉えることができるのではないか、やりがいが生まれるのではないかと考えています。自分たちが楽しまなければ相手にも楽しんではもらえない。

新ひいなへの思い

 ご利用者様は勿論、ご家族や地域のニーズを汲み取りながらも、自分たちにしかできない(ひいなだからできる)唯一無二のひいなへ発展してほしいと願っています。


リクルートガイド

採用案内